オウンセラ バランシングミルクとアクアトリートメント。

オウンセラ バランシングミルクとアクアトリートメント。

オウンセラ バランシングミルクとアクアトリートメント。

オウンセラのリペアフィルムに続き、

2016年5月14日に乳液と化粧液の

バランシングミルクとアクアトリートメントが発売されました。

オウンセラは最近、見かけるようになった乳液先行型のスキンケアです。

お試し用のサンプルもついていました。

お試し用のサンプルもついていました。

ちなみに、オウンセラの名前は

「own(自分自身)」+「cera(ceramide・セラミド)」

という二つの意味があるとのこと。

「セラミドの力を自分のものにして、もっと美しくなる」

という願いを込めて付けられた名前だそうです。

オウンセラ バランシングミルク。

オウンセラ バランシングミルク。

オウンセラ バランシングミルク。

洗顔後、最初にこの乳液を使います。

化粧水の種類によっては、最初に化粧水を使うと

お肌の上ではじかれてしまい、なかなか浸透しないってこと、

ありませんか?

オウンセラは最初に乳液を使うことによって、

次に使う化粧液のなじみがよくなるんです。

バランシングミルクを手に取りだしてみました。

バランシングミルクを手に取りだしてみました。

肌なじみがよく、お肌も柔らかくなったように感じました。

肌なじみがよく、お肌も柔らかくなったように感じました。

このバランシングミルクには天然セラミドが入っていて、

セレブロシドという名前で表示されています。

セレブロシドは先日お試しした

オウンセラリペアフィルムのところでもレビューさせていただいていますが、

馬など動物由来のセラミドで

ヒトの細胞間脂質と近く、お肌にうるおいを与えてくれます。

肌なじみがよく、

しっとりとしているのにベタつかず、さっぱりとした使用感です。

お肌もいつもより柔らかく、滑らかになったように感じました。

オウンセラ アクアトリートメント。

オウンセラ アクアトリートメント。

オウンセラ アクアトリートメント。

乳液のあとに使う化粧液。

特殊製法により微小化した天然セラミドを配合しています。

さらに

セリン、プロリン、グリシン
アミノ酸の一種。
お肌のうるおいを保ち、ハリや弾力を与えてくれる
)、

PCA-Na
DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液。
この成分も保湿剤で、お肌のうるおいを保ち柔軟性と弾力を与えてくれる
)、

保湿産生サポート成分のカラギーナンNa
紅藻類から得られる成分で、お肌を柔らかく健やかな状態に保つ)、

海塩
お肌にうるおいを与える)、

グリセリルグルコシド
グリセリンにブドウ糖が結合した成分。
保湿剤。
お肌を外部の刺激から守る働きがある

なども配合しています。

アクアトリートメントを手に取りだしてみました。

アクアトリートメントを手に取りだしてみました。

肌なじみがとにかく良い!

肌なじみがとにかく良い!

最初にバランシングミルクでお肌を整えてあるので、

化粧液がお肌にはじくこともなく、スルッとなじんで

浸透していくのは感動するくらいでした。

お肌に乗った化粧液を一滴も逃すことなく、取り込んでいるような感じ。

オウンセラ 使い終わりました。

オウンセラ 使い終わりました。

モチモチでしっとりとしているのに、ベタつかないのもよかったです。

さらにこの後、さっぱり仕上げたいときは再び
バランシングミルクを。

しっとりと仕上げたいときはリペアフィルムというクリームを使うと

潤ったお肌にフタをするような形になって、

セラミドを重ねる「セラミドサンドイッチ」という
状態になるそうです!

保湿成分たっぷり、ハリとうるおいを与えてくれる

オウンセラのスキンケアでした。

**この「オウンセラ バランシングミルク、アクアトリートメント」はロゼットの商品モニターに当選して、お試しさせていただきました。**