あきゅらいず トライアルセット。

あきゅらいず トライアルセット。

あきゅらいずはこんなコスメです。

  • 厳選された東洋ハーブエキスとお肌に優しい製法にこだわった「贅沢でシンプルな」スキンケア。
    あきゅらいずのスキンケアの基本は
    1.洗って
    2.整えて
    3.潤す
    の3ステップ。
  • そして保湿成分を秘めていると言われている東洋ハーブから10種類を厳選し濃縮した黒ツヤエキス「草根木皮たまり」。
    水抽出法という、抽出のための薬剤を使わないこだわりの製法でじっくりと丁寧に抽出。
    「草根木皮たまり」は3つのスキンケアにすべて配合しているとのことです。

あきゅらいず トライアルセットの中身。 パンフレット類。

あきゅらいず トライアルセット2。

あきゅらいず トライアルセット2。

あきゅらいずトライアルセット、口コミ、体験談。

洗顔石鹸「泡石」。

洗顔石鹸 泡石。

洗顔石鹸 泡石。

袋から取り出してみました。

袋から取り出してみました。

東洋ハーブ10種類を濃縮した黒ツヤエキス「草根木皮たまり」をぎゅーーーっと固めたというグリーンの綺麗な洗顔石鹸です。

お湯にくぐらせると。

お湯にくぐらせると。

宝石のようにキレイな洗顔石鹸です。

宝石のようにキレイな洗顔石鹸です。

久しぶりに弾力のあるもっちもちの泡ができる洗顔石けんに出会いました。

泡立てネットで泡立ててみます。

泡立てネットで泡立ててみます。

弾力のあるもちもちの泡ができました。

弾力のあるもちもちの泡ができました。

泡に跳ね返るような力があるというか、弾力のある泡は洗顔してて気持ちいい。

ピンポン玉一個分くらいの泡でいいそうなのですが、泡立てネットを使うとたくさん作りすぎてしまいます。笑

優すくらぶ。

優すくらぶ ハッカ。

優すくらぶ ハッカ。

優すくらぶ ゼラニウム。

優すくらぶ ゼラニウム。

「すくらぶ」と名前がついているのに、実は「パック」という優すくらぶ。

トライアルセットにはミントとゼラニウムの二種類が入っていて、香りの違いだけで中身は同じとのこと。

ゼラニウムもミントもいい香りでした。

濡れた顔の五か所に中指1.5関節分の容量を伸ばしていきます。

中指の1.5関節分が適量とのこと。

中指の1.5関節分が適量とのこと。

見た目が胡麻ペーストみたい。

少しザラザラした感触もあって、スクラブっぽい感じもあります。

でも顔全体に伸ばしたあとは「こすらず」に、お肌の上に「のせる」感じで手のひらで包み込むようにするので痛くないです。

30秒置いてから、33℃のぬるま湯で洗い流します。

適温温度をチェックできる「水温チェッカー」という小さなカードがついていたのが便利!

パックですが、ちょっとザラザラとします。

パックですが、ちょっとザラザラとします。

「スイゼンジノリ多糖体」という保湿成分を配合しているからか、洗い流したあとは「すっきり」というより「しっとり」した感じの方が強いかなあ。

ちなみにスイセンジノリ(水前寺海苔、寿泉苔)は藻の一種。

九州の一部の地域でしか生育していないとのこと。

食用として流通しているそうですが、ごくわずかな量しかとれないため高級食材となっているらしいです。

美容成分としてはヒアルロン酸の5倍以上保水力があると言われているそうです。

秀くりーむ。

秀クリーム。

秀クリーム。

優すくらぶのあと、10分以内に秀くりーむを付けるといいそうです。

あきゅらいずのスキンケアは化粧水がなくて、クリームのみ。

コレひとつで、草根木皮たまりとセラミド、コラーゲンが保湿をしっかりとサポートしてくれるそうです。

手の甲に取りだしてみました。

手の甲に取りだしてみました。

べたつかず、しっとりさせてくれるクリームです。

べたつかず、しっとりさせてくれるクリームです。

あきゅらいずさんには失礼だけど、「クリームだけでホントに大丈夫なのかな?」

「お肌が水分不足になったりしないのかな?」って、ちょっと不安。

今のところ秀くりーむだけでも突っ張ったりはしていない。

お肌の表面の固かったのが、なんとなくほぐれて柔らかく、しっとりした感じになっています。

あきゅらいず トライアルセット、使い終わりました。

あきゅらいず トライアルセット、使い終わりました。

手持ちの化粧水や美容液なども使っても問題ないそうなので、様子を見て化粧水を足そうかなって思ってます。

あきゅらいずで働いているスタッフさんはすっぴんってことですが、「化粧をしちゃいけない」と強制されるわけじゃないみたいです。

ぜひ良かったらチェックしてみてくださいね。