池田さんの手作り石けんトライアルセット

池田さんの手作り石鹸はこんな石鹸です。

  • 石けん素地として「馬油」を使っている池田さんの手作り石鹸。
  • 昔ながらの「釜焚きケン化法」を基本にした独自の製法「ナチュラルプロセス製法」でよりお肌に優しく、丁寧に作られています。
  • ここがポイント!その他の素材も「信頼できる素材」を使い、合成香料、合成界面活性剤、合成防腐剤、鉱物油、凝固剤、発泡剤、着色料などは一切使用していません。
  • 泡立ちが軽く控えめなのは無添加の証です。



池田さんの手作り石鹸口コミ、体験談。

5種類の手作り石鹸。

池田さんの手作り石けん5種類、竹炭石けん、桜石けん、馬油石けん、八女茶石けん、さくら密石けんです。

  • ハニーフェイシャルソープ桜
  • さくら蜜石鹸
  • 竹炭石鹸
  • 八女茶石鹸
  • 馬油石鹸

の5種類です。

緑茶大好きな私、まず八女茶石けんからお試し。

最初は手のみで泡立てて使ってみました。

やっぱり手で泡立てると、泡立ちが少なくてさびしい。

泡立ちが悪いように感じる・・・ある意味それが無添加石けんの特徴とも言えます。

八女茶石けん。泡立てネットを使ったほうが良く泡立ちます。

そしてもうひとつ、無添加の石けんでよく聞く話。

泡切れが悪い・・・。

何度水やお湯で洗っても、いつまでもヌルヌルするような感じが残る。

なぜか無添加の石けんて、どれもそんな肌感触があるんですよね。

残念ながら、この池田さんの手作り石鹸もそんな感触があるんです。

何度かバシャバシャお湯で洗っていると、そのヌルヌル感というか石けん分が肌に残っている感じも、きちんと洗い流されるのですが・・・。
(ちなみにしっかりと泡立てた方が、泡切れがいいように感じます)

十年以上も前ですが、私も市販されている洗顔石けんから無添加の石けんに切り替えた時、そう思った一人です。

今はもう慣れてしまっているので全然気になりませんが、無添加の石けんを使うのが初めて、という人は少し気になるかもしれません。

私の考えではモコモコの気持ちのよい泡立ちや、ささっと泡がおちる洗顔料やクレンジングは合成成分のおかげなんだと思うのです。
(合成成分が悪いという話ではないのです、念のため。
私は合成成分でも安全で肌に優しい成分はたくさんあるんじゃないかな、と思っています)

だからですねー、もし無添加の石けんに興味を持って、

「ちょっと使ってみようかな」

と、思った方は、ほんのしばらくの間我慢してというか、頑張って使ってみてほしいんです。

しっかり汚れを落としてくれるのに、お肌の油分を取りすぎることのない(普通の洗顔石けんとは違う)無添加石けんならではの良さがきっとわかると思います。

そんな池田さんの手作り石鹸ですが、泡立てネットを使うと軽めのふわふわとした泡ができますよ。

池田さんの手作り石けんはヒトの皮脂に近い馬油をメインに使って作ってる。

池田さんの手作り石けんでは人間の皮脂にとても近い馬油を使って作っている石けんなので、とてもしっとりとします。

ライン1

bottun1馬油とは?bottun1

「馬油」とは、昔から民間の治療薬として使用されている油脂で、数百年前に中国から日本に伝えられたと言われています。

この馬油はヒトの皮脂にとても近いものを持っていて保湿作用が高く、子供から大人まで年齢を問わず使用することができます。

ネオナチュラルで使用している「馬油」は100%九州産の馬油を精製したものを使っているそうです。

ライン2

完全無農薬栽培の八女茶エキスも入っているので、さっぱりとした清涼感も持ち合わせています。

池田さんの手作り石けんトライアルセット2

他4種類の石けんは使っている成分が違うのでさっぱりしていたり、しっとりしていたり・・・。

同じ石けんでもいろんな顔をしています。

それが感触でハッキリとわかるのも、ひとつひとつ丁寧に作られた手作りの石鹸ならでは・・・かな、なんて思います。

きっとその中から自分のお肌にピッタリ合う石けんが見つかると思いますヨ。

見た目もつやつやしていて、ゼリーみたいで美味しそう!

ずっと無添加石けんを使い続けているベテランさんはもちろん、無添加の石けんやコスメ,を使うのが初めて!という方にもいろいろな種類の無添加石けんが楽しめてオススメです。

肌に優しい「池田さんの手づくり石鹸」のトライアルセットです。