美人ぬか

美人ぬか

ぬか袋、初体験!!

前から興味のあったぬか袋を初めて使ってみた体験談をさせていただきます。

日本人には米ぬかはなじみのあるもの。

昔から、ぬか袋でお肌を磨き、きめ細やかな美肌を保ってきたと言われています。

美人ぬかは3袋入りです。

美人ぬかは3袋入りです。

ちょうど私の手のひらに乗るサイズです。

ちょうど私の手のひらに乗るサイズです。

購入したのは「美人ぬか」という3袋入りのぬか袋。

英語では「オリザブラン ライス ウォッシュ」と言うそうな・・・。

いやいや、日本人ならここはやっぱり「ぬか袋」というべきでしょう!(笑)

米ぬかは木綿の袋に入っていました。

てっきり木綿の袋が1枚ついていて、ぬかを詰め替えて使うのかと思っていたら、個別包装になっていて一つ一つ木綿の袋に入ってた。

この木綿の袋で洗うと、マッサージ効果も得られるそう。

ちょうど私の手のひらに乗るサイズで握りやすい大きさです。

「米ぬかセラミド」で乾燥からお肌を守り、うるおいのあるお肌に。

水かぬるま湯の中で軽くもむようにして水分をふくませて使います。 お湯をふくませると粘土のような感じです。

使い方は水か、ぬるま湯の中で軽くもむようにして水分をふくませます。

もっと水っぽく、柔らかいものなのかと思っていましたが、水を含ませると粘土みたいな感じ。

あまり強くこすらなくてもよくて、なでるような感じで軽くマッサージするように洗っていけばいいそう。

身体はもちろん、顔にも!!

とにかく使うときは水をたっぷりと含ませてあげるのがポイントとのこと。

ヒジとかカカトとか、特に普段から乾燥が気になるところに効果的だそうです。

軽くなでるようにマッサージしながら使ってみました。

軽くなでるようにマッサージしながら使ってみました。

いつもと水のはじき方が違うように感じました。

いつもと水のはじき方が違うように感じました。

自然のものなのでスクラブほどツルツルにはならないけど、しっとりしてスベスベします。

使う前と使ったあとで、お肌の水のはじき方が少しちがうような感じがしました。

色もちょっと白くなったように感じます。

使用後は軽くしぼって涼しい風通しの良いところで保管。

乾燥して固くなっても、水とかぬるま湯のなかでもみほぐしてあげると、また柔らかくなります。

使うたびに中身が減っていくので、中身がなくなるまで使用できます。

あいがも農法で育てられたお米から美人ぬかは作られる!

この美人ぬかを製造している株式会社リアルでは、より安心して使えるように「あいがも農法」でお米を作っている農家と契約しているそうです。

あいがも農法とは水田にあいがもを放し、害虫や雑草を食べてもらって農薬や化学肥料に頼ることなくお米を育てる農法のこと。

この美人ぬかは純度100%の天然の米ぬかを使用していて、そしてビタミンやミネラルを含み、保湿成分のオリザブランを配合しています。

古くなった角質を取り除き、お肌のキメを整えてくれるので使用後のお肌はしっとりつるつるなんですね。

お肌のざらつきが気になる方や角質ケアをしたい方にオススメの美人ぬかです。

美人ぬか 3個入り/美人ぬか/米ぬか 袋/税込\1980以上送料無料美人ぬか 3個入り[美人ぬか ぬか袋…