オーガニックコスメの実情。

オーガニックコスメというと「肌に優しい」「自然や人にも優しい」など、良いイメージが浮かぶと思います。

「オーガニック」は「有機」という言葉が由来となっています。

人工的に作り出した化学成分とは違い、 主に自然の植物などから作りだした化粧品なので、その作用は肌に穏やかで、なおかつ非常に低刺激であると謳っています。

しかし、「オーガニックコスメ」というもの自体まだ歴史が浅くて、世界的な基準がないのが現状。

日本をはじめ世界各国を見渡しても、それぞれの国や団体がそれぞれに独自の基準を定めているにすぎないのです。

そのためにかなりの温度差があります。

 

「化学成分何%までなら使用してもよい」

「保存料を使用していても植物由来のものだからよい」

など、どちらかと言えば緩やかな基準の団体もあれば、

 

「化粧品の原料を作る畑の土壌が化学肥料や農薬などを使用していないか」

「植物エキスを抽出する際の溶剤までも調べあげる」

 

など独自にとても厳しい基準を設けている団体もあって、「オーガニックコスメ」となっていても、その企業や団体によって基準や考え方は本当にさまざまというのが実情のようです。

オーガニックコスメはお肌にも、人体にも優しい?

そして「オーガニックコスメ」というと「肌にも、人体にも優しい」という良いイメージが浮かびがちですが、しかし「100%安全なのか」と問われた場合、「いいえ」と答えるしかありません。

何故なら化学成分でない、自然の中に存在する天然成分でも、人によっては皮膚に刺激を感じたりアレルギーなどを発症することがあるからです。

また合成成分とは違い、自然のものであるだけに品質が常に一定という訳にはいきません。

明確な基準がない現在、その団体(あるいはメーカーなど)の持つイメージなどで「肌に優しい」から「自然にも優しい」、またその逆で「自然に優しい」ものだから「肌にもやさしい」と簡単に判断してしまうのはどうなんだろう?と ふと考えてしまいます。