ハーブの鉢植え。

まずローション。

オーガニックコスメを初めて使う方は、最初はなんとなく感触が慣れなかったり、
物足りなく感じたりする人が多いと思います。

ローションはまるで水のようなものが多いです。

ハーブなどの香りがついていなければ、本当に水みたいな感触です。

それはハーブウォーター(芳香蒸留水)やハーブエキスのみで作られているものが多く、
保湿剤などの添加物を一切入れていないから。
(でも実際、肌にのせると自然で控えめなうるおい感がちゃんとあります)

パシャパシャしているので、
トロリとした濃ゆいローションに慣れている方は、とっても物足りなく感じると思います。

なので、私はローションはとてもたくさん使います。

普通の化粧水は500円玉くらいの容量を一回に使うくらいですが、
オーガニック・ナチュラル系のコスメのローションの場合、500円玉くらいの容量を3回くらい繰り返して使ってしまいます。

そんな使い方をしているのでローションの減りはハンパないです。(笑)

不思議とスイスイとお肌に浸透していたローションが3回目くらいになると、あまり浸透しなくなるような感じで。

それがお肌が潤った合図と勝手に思っています。

そしてクリーム。

ラベンダーの蕾。ローションとは逆にクリームはそのコスメの「適量」と言われる量をキチンと守って使っています。

乳化剤や感触改良剤などが入ったクリームだと、とても伸びがよくて扱いやすいですし、
少しくらい多めに使用しても使用感はサラッとしていたりしますが・・・。

ナチュラル・オーガニック系コスメの場合、クリームは乳化されていないものが多く、
肌に伸ばすとオイルになります。

オイル(油)なので、たくさん付け過ぎるとベタベタして気持ち悪かったりします。

適量をチョンチョンと額、頬、鼻、顎と5,6か所に分けて、伸ばしていきます。

顔全体に伸び切らなくても、そのあとでハンドプレスをしながらひろげていけば、
全体にクリームも行き渡ると思います。
(気になる部分だけは重ね付けをします)

ちょっと足りないなあ、と感じるくらいの量が適量なのかな?と思っています。

あんまり大層な話じゃないけど・・・、良かったら参考にしてみてくださいね。

バナー原稿imp