資生堂ファンデーションブラシ131。

資生堂ファンデーションブラシ131。

どんなファンデーションもキレイに仕上げてくれると言うブラシ。

最近、パウダリーファンデーションもスポンジではなく、ブラシを使っています。

ブラシの方がファンデがお肌にフワフワッと乗っかるような感じがして。(笑)

でもファンデ用のブラシは1本しか持ってなくて、外出先で使えるのが欲しくて。

毛の種類については柔らかくて肌にチクチクしないのなら、特別なこだわりはなし。

ポーチの中に入れられるくらいの、できるだけコンパクトな大きさで、(携帯用のリップブラシのように)繰り出し式か、キャップがついているのがいいなーーと思ってました。

いろいろと探してみて、たどり着いたのが資生堂のファンデーションブラシ131

資生堂ファンデーションブラシ131を購入。

資生堂ファンデーションブラシ131を購入。

持つ部分が半透明なのがおしゃれです。 専用のケース付き。

持つところが半透明で何気なくオシャレな感じ。

毛先も山型とか真っ平らのファンデーションブラシが多い中、斜めにカットされていて、ちょっと珍しいなあ、と。

この斜めにカットされているのが、肌への密着感がとてもいい感じなんです。

ファンデーションブラシ1。 ファンデーションブラシ2。

毛先が斜めにカットされていて、肌への密着感がいいです。

毛先が斜めにカットされていて、肌への密着感がいいです。

私の勝手な想像ですが、このブラシを手に持って、ちょうど肌にあたる角度にカットされているのかなあと思いました。

最初実物を見た時は、「ファンデーションブラシにしてはちょっと細すぎないかなあ」と思ったのですが、

眉間とか。

目の際とか。

小鼻の辺りとか。

細かい部分にファンデをのっけるのに、すごく小回りがきく感じです。

粉含みがとてもいいです。

粉含みがとてもいいです。

粉含みがとてもいいです。ピントがキチンとあってなくてごめんなさい。

粉含みがとてもいいです。ピントがキチンとあってなくてごめんなさい。

ただし!

細めのブラシなので、頬にファンデをのっける時には何度か往復させないといけないですね。

でもお粉は平均的につきます。

毛先にコシがあるのに硬すぎることもなく。

手にファンデを塗ってみました。

手にファンデを塗ってみました。

ブラシ131を使ってササッと手にファンデを広げてみたんですが、いかがでしょうか?

毛穴も目立たなくなって、お肌がきれいにみえるーーー。(ような気がする!!笑)

これから年末に向けてイベントも多くなる時期だし、お肌をキレイに見せてくれて、化粧直しも素早く簡単にできるブラシがあると便利ですよ。

キャップはついてなかったけど、専用のナイロンケースが付いていて、この細さ、大きさだからこそ、ポーチに入れて持ち歩いてもあまり邪魔にならないです。

またファンデの入ってるレフイルって四角くて、角が丸っこいタイプのが多いと思うのですが、このブラシだと四隅にもしっかりブラシが当たる感じで、どうしても残ってしまう隅っこのお粉も取りやすそうです。

ファンデのレフィルの隅っこにもしっかり届く。 隅もしっかり取れる感じです。

ほぼ満足のファンデーションブラシです。

お値段も1,944円(税込)と手頃。

そしてパウダリー、リキッド、クリーム、固形乳化タイプなど、いろいろな種類のファンデーションに使えるそうです。

・・・私がこのブラシを使っているのを見て、うちの母が試し使いし
「欲しいーーー!!」
とゆーので、母の日のプレゼントのひとつとして贈りました。

でも残念ながら、「ワタシプラス」ではラッピングを受けてもらえず!!
(化粧品はコマコマしたモノが多いから、なかなか難しいのかな)

有料でもいいからラッピングサービスがあるといいですよね。

ラッピングなしというのも色気がないので、結局自分で包装をして実家に送りました。

やっぱりプレゼントだし♡

母も喜んで使ってくれているようです。

良かったらチェックしてみてくださいね。