フルフリフリフラからアルコール除菌ローション「コロンヤ」が発売されました!

フルフリフリフラのアルコール除菌ローション。
ローション

マスクとか除菌製品は少しずつ品切れは解消されつつあるみたい。

品切れが続いているマスクと除菌製品ですが、少しずつ少しずつ市場に出回り始めているという噂も聞くようになりました。

やれやれーーー、と安堵したのですが、我が家の周りでは未だに品切れが続いている感じです。

先日、別の用事で立ち寄ったドラッグストアに10枚入りの除菌ウェットシートがあって、思わず飛びついて買ってきました。

除菌ウェットシートをお店で見たのは一ヶ月、いや二ヶ月ぶりくらいかも。

オーガニックコスメ・フルフリのアルコール除菌ローション。

偶然、その日の夜にフルフリフリフラからメルマガが届きました。

オーガニックコスメ・フルフリのアルコール除菌ローション「コロンヤ」。

なんとフルフリフリフラからアルコール除菌ローションを発売するとのこと。

その名も「コロンヤ」。

なんだか変わったネーミングだなあと思ったのですが、トルコの伝統的なハンドウォッシュローション「コロンヤ」のレシピを参考に作ったそうです。

本家のトルコのコロンヤは70~80度のアルコールにレモンの皮を漬け込んだり、レモンの香料を加えて作られていて、家庭やお店など常に身近にあるものなんだとか。

レストランのお会計や長距離バスに乗った時、あるいは親戚とかお友達のうちを訪ねた時、おもてなしの気持ちでこのコロンヤを手に振りかけてくれるという伝統があるそうです。

今でも普通に行われている習慣で、消毒だけではなくて清涼感や香りも楽しめるそうです。

日本ではコンビニで買い物をすると、サービスでウエットシートを必要な枚数もらえるけど、それと似たような感覚なのかな?

利便性を考えたら日本のほうがいいのかもだけど、コロンヤのほうがオシャレで素敵に感じます。

この一連のウイルス騒ぎでトルコではコロンヤが改めて見直されているそうで、コロンヤを販売しているお店には行列ができて、メーカーでは生産量を大幅に増やしているそうです。

世界中、どこでも同じなんですね。

保湿成分も配合しているフルフリフリフラの除菌ローション・コロンヤ。

コロンヤの全成分表です。

さてフルフリフリフラ版コロンヤですが、変性アルコールとエッセンシャルオイルと保湿成分で作られています。

アルコール度数は70%。

そしてレモンの皮には少し光毒性(紫外線に当たると肌荒れやシミなどの原因になるそうです)があるということで、レモンの代わりに抗菌・抗ウイルス効果のある4つの精油(アオモジ果実油、レモンティーツリー、レモングラス、レモンユーカリ)をブレンド。

ほとんどの人が実践していると思うけど、最近は買い物に行けばお店に入る前にでアルコールで除菌、お家に帰ってからは更にハンドソープで手を洗う。

こういう繰り返しで、一日に何度もアルコールやハンドソープで手を洗っているので、手の油分が取られちゃってシワシワガサガサ!!

ハンドソープもハンドクリームも減り方がハンパない・・・。

30mlサイズのコロンヤは除菌だけではなくて、角質へ浸透する保湿成分・表面で保護をする保湿成分を配合しているとのことで、一週間ほど使っていると手がツルツルになってくるそうです!

えっ!?じゃあハンドクリームいらないじゃん!!一石二鳥!!と買ってみました!

サラッとした使用感。保湿成分配合なので乾燥しにくい除菌ローションです。

早速使ってみると、パシャパシャとした除菌ローションで、フレッシュなレモンに似たとても良い香りがします。

香りは強すぎず弱すぎず、ふわっと香ります。

こすり合わせるように肌になじませるとサラッとした使用感。

そしてアルコール入りの除菌ローションなのに、肌がパサつく感じがしなくて、油分のうるおいとはまた違う、さっぱりとしたうるおい感がありました。

30mlという可愛らしいサイズなので、外出のときに便利!!

外で気になるときに、さっと取り出して使えますね!!

おうち用と外出用にもう1本買っておけば良かった・・・。

お値段は30mlで600円(税込)です。

ちなみにフルフリフリフラで作られたこのコロンヤは医薬品として作られたものではないとのことですが、

消毒用のアルコールと同等のアルコール分を含んでいるとのことなので、もし気になる方がいらしたらぜひチェックしてみてください!!

次回のレビューではコロンヤのリフィルについても紹介させていただきますね!!

アルコール除菌ローション・コロンヤ

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。