ママバター シア100%全身保湿クリーム。

ママバター ラージサイズ
その他のオススメコスメ
ママバターシア100%全身保湿クリーム

ママバターシア100%全身保湿クリーム

ママバターはこんなコスメです。

  • シアの実から採れる純度100%のシアバターです。
  • ここがポイント!
    顔だけでなく、ボディクリームやハンドクリーム、髪の毛のスタイリング剤など
    乾燥を感じた全身に使えます。
  • 保存料や増粘剤、乳化剤などの添加物は入っていないため赤ちゃんにも安心。

ママバターシア100%全身保湿クリーム口コミ体験談。

肌荒れの時期にだけお世話になっているシア100%のナチュラル保湿クリーム。

ママバター ラージサイズ60g
ママバター ラージサイズ60g
ママバターはシアバター100%なので冬期の現在はカチカチに固まっています。
ママバターはシアバター100%なので冬期の現在はカチカチに固まっています。

ママバターのシアバタークリームは名前の通り、

天然のシア100%のクリーム

保存料、増粘剤、乳化剤などの添加物は一切入っていません。

ピュアなシアバターなんです。

その証拠に、寒い今の時期は

冷凍庫から出したばかりのアイス並みにカッチカチです。

スパチュラを使っているのですが、

スパチュラが折れそうなくらい固い。(笑)

そう言えば100%ナチュラル!完全無添加の基礎化粧品「マザーウッドシリーズ」 のトライアルセットに入っていたクリームもそうだったなあ。

でも手に乗せて、体温で暖めてあげると柔らかくなってくる。

そしてかなり少量でよく伸びてしっとりとします。

油分がお肌の表面に膜を作ってくれるから、

お肌の水分の蒸発を防いでくれる点でかなり優秀な働き。

シア100%なので赤ちゃんのお肌でも使えます。
シア100%なので赤ちゃんのお肌でも使えます。

しかし!!

しかしですね。

使用感はかなりなベタベタ感があって~~~。

ピュアでナチュラルなシアバターだから仕方ない部分もある。

使用感をとるか、安心感をとるかの闘い(?)になりそう。

ポイント2

毎年恒例の肌荒れがそろそろやってきそうな気配なので、

ほんとはこういうのがお肌のためにはいいんだと思うのですが・・・。

なのに使用感とか高機能をもとめて、

つい合成成分たっぷりのコスメに目が行きがちなイケナイ私・・・。

エアコンに負けた私・・・。・・・シアバター、体温で溶けるとゆーことを忘れていた・・・。

カチカチなのでスプーンで削り取ってみました。2
カチカチなのでスプーンで削り取ってみました。2
カチカチなのでスプーンで削り取ってみました。
カチカチなのでスプーンで削り取ってみました。

ママバター、化粧下地にもオススメです、

って書いてあるんだけど、

私には化粧下地としては「ノー」でした。

少し前、職場に行ったらガンガンにエアコンがきいていて。

真冬日だと言うのに部屋の中は暖かい・・・を通り越して暑かったんです。

そのような環境で、ファンデが激しくヨレてしまった・・・。

目の際のコジワや小鼻の際などにファンデーションが入りこんでしまいまして・・・。

しかもかなりの短時間のうちに・・・。
(1時間もたなかったと思う・・・)

普通のコスメの化粧下地だと、もう少しヨレも目立たないし、もう少し持ちがいいんですけど・・・。

そりゃそうですよね。

もともとシアバターは植物油なんですもん。

ママバターは人肌の温度で少しずつ柔らかくなってきます。
ママバターは人肌の温度で少しずつ柔らかくなってきます。

しかも人肌の温度で溶けだすから、どうしても化粧も崩れやすくなってしまうのかな・・・と。

ここがポイント3

その辺り、いい意味でも悪い意味でも添加物なしのコスメとゆーことなんですよね。

ただしママバター自体はとても良いものなので、仕事のない(お化粧しない)日の朝と、そして夜は毎晩。

肌荒れの季節が過ぎるまで使おうと思っています。

今年も肌荒れの季節がやってきた。

少しずつお日様が暖かくなってきて、一年で一番いい季節がやってきました。

しかしこの時期、花粉症と肌荒れと闘う私には一年で一番憂鬱な季節でもあります。

普段はどんな化粧品を使ってもトラブル知らずの私なのですが、この時期だけは敏感肌っぽいので、できるだけお肌をいたわるために使うコスメも選んでいます。

実はこのママバター、少し前に購入したもの。

今はリニューアルされて、もっとオシャレな容器になっています。

60gはとても大きなサイズで、肌荒れの時に、しかも少量ずつしか使わないからなかなか減らない・・・。(笑)

ずっと冷蔵庫で保管して大切に使っています。

乾燥肌や敏感肌の人にオススメです。

ナチュラルコスメに興味のある方もぜひ。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。